ブログタイトル
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンティークショップ11th AvenueのHPへ
<< フランス、工房の流れやつながり その3 テタール・オーコック | main | 8月6日〜8月12日は町田に出店です。 >>

アイルランドのシュガートング

7月はフランス物がほとんどでしたので、今月はイギリスアンティークを中心にご紹介しています。

 

本日はシュガートング。珍しいジョージアンのアイルランド製です。

イギリスの銀器には必ずライオンのマークが付くとよく言いますが、アンティークではライオンのホールマークが打たれるのはイングランドのものだけです。

 

https://www.antique11.com/?pid=152600296

 

13:59 | comments(0) | -
 

Comment