ブログタイトル
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アンティークショップ11th Avenueへ

英国製ボンボンディッシュ

本日はイギリスシルバーのご紹介。

 

珍しい形状のボンボンディッシュです。

透かし加工と三つ脚のお洒落なデザインです。

小さなコンポートという感じで、1つあるといろいろお使いいただけます。

 

イギリス ボンボンディッシュ

 

商品ページはこちら → イギリスアンティーク シルバー製ボンボンディッシュ【西洋アンティーク11th Avenue】

 

09:31 | comments(0) | -

サン・ルイとバカラ

今日は祭日ですね。外に出るまで気づきませんでした(笑)

 

さて、今月はサン・ルイを中心にご紹介してきました。

ガラスというとバカラとサン・ルイが2大ブランドとしてよく比べられますが、どちらが良いのでしょうか。

これについてはいろいろ意見が分かれるかと思います。

個人的に今まで様々な製品を見てきて思うことは、アンティークでいえば、技術としてはバカラのほうが上ではあると思います。

アンティークのサン・ルイは結構品質にばらつきがあり(バカラもある程度ありますが)、出来としてはバカラのほうがいいですね。

バカラはジャポニスムからアール・ヌーヴォーまで工芸ガラスもかなり力を入れていましたので、そこで差がついてしまっています。

ただ、アール・デコのガラスに関してはサン・ルイは過小評価されていると思います。デコはバカラよりサン・ルイのほうが個人的には好きです。

現代の品物はあまり見ないので、現代についてはどちらがいいかはわかりませんが、人気としてはサン・ルイのほうが上昇していると感じます。エルメスの傘下に入ったサン・ルイ(エルメスは技術にこだわった企業しか傘下に入れない)、その対象的にバカラはアメリカ企業に買収され、そして去年にはついに中国企業に買収されてしまったのが少し痛いですね。

 

 

 

13:29 | comments(0) | -

デルヴォー(Delvaux)の梅文プレート

本日はデルヴォー(Delvaux)の作品をご紹介。

 

デルヴォーはマニアックといえばマニアックなブランドですが、意外とお好きな方は多いですね。

梅の木をアール・デコのデザインで表現した美しいプレートです。

色の使い方が白と黒というのがいいですね!

 

在庫がHP掲載品(2枚)より多くありますので、またそのうち再度アップするかもしれません。

※ご希望の方は何時でも販売可能です!お問合せ下しさい。

 

デルヴォー プレート

 

商品ページはこちら → デルヴォー 梅文プレート【西洋アンティーク11th Avenue】

 

15:24 | comments(0) | -

サン・ルイ MICADO(ミカド)

サン・ルイのグラスをご紹介。

 

「MICADO」(ミカド)と名前が付けられたステムが中空になったグラスです。

エッチングによるロココの装飾も見事で金彩が施されています。

 

サン・ルイ ミカド

 

商品ページはこちら → サン・ルイ MICADO ミカド グラス【西洋アンティーク11th Avenue】

13:12 | comments(0) | -

マッピン&ウェッブのソースボート

イギリス銀器のご紹介。

 

王室御用達ブランドであるマッピン&ウェッブのソースボートです。

意外とありそうでないスターリングシルバー製のソースボート、イギリスらしいデザインですね。

1つあると何かと便利かと思います。

 

ソースボート

 

商品ページはこちら→ マッピン&ウェッブ 純銀製ソースボート【西洋アンティーク11th Avenue】

08:56 | comments(0) | -