ブログタイトル
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンティークショップ11th Avenueへ

オーストリアのアンティーク

今月後半はオーストリアのアンティークをご紹介します。

 

イギリスやフランスに比べると知名度が低いですが、芸術レベルの高さは群を抜いたものがあることは皆様もご存知かと思います。

かつてのオーストリア帝国、そしてオーストリア=ハンガリー帝国時代のお品を中心にご紹介していきます。

オーストリア(帝国時代)のアンティークというと何を思い浮かべるでしょうか。ガラス好きの私ですと、やはりボヘミアガラス(現在はチェコですが)、そしてロブマイヤーが真っ先に浮かびます。有名どころでいうとヴィエナ窯ですが、これは出回っているのはほぼヴィエナ・スタイルというコピー品ですね。あとはヨーゼフ・ホフマンらが活躍したウィーン工房は世界的に高い評価を得ています。アンティークショップでよく見かけるのはビミニのガラスやヴィエナブロンズ、シルバーにエナメルの製品でしょうか。現代では磁器のアウガルテンやラインストーンのスワロフスキーが有名ですね。

オーストリアのものは全般的に高価なものが多く、その分日本では出回りにくいという面もあるのかもしれません。

私が今欲しいのは18世紀のマリア・テレジア肖像画のボヘミアガラスとウィーン工房で活躍したオットー・プルッチャー(Otto Prutscher)がデザインしたマイヤーズ・ネッフェのグラスですがなかなか手に入りません!

 

さて、そして本日第一弾目はオーストリア帝国時代の1845年のプレートです(シルバー製)。

 

ロココの非常に見事なデザインです。

刻印からウィーンで製造されたことがわかります。

 

オーストリア帝国 アンティーク

 

商品ページはこちら → オーストリア帝国 純銀製ロココ様式プレート【西洋アンティーク11th Avenue】

 

09:28 | comments(0) | -

フランスのアイスクリームスプーン

非常に暑い日が続きますね!

 

暑い日にはアイスクリームということでフランスのシルバー製アイスクリームスプーンのご紹介。

片側が平ら、もう片側がすくいとなった特徴的なデザインですね。

左利きの私には使えません笑

 

フランス アイスクリームスプーン

 

商品ページはこちら → フランスアンティーク 純銀製アイスクリームスプーン6本セット【西洋アンティーク11th Avenue】

09:45 | comments(0) | -

エミール・ガレの花瓶

本日からは非常に暑くなるとの予報。

明日は大江戸骨董市ですし、この暑さは営業妨害に等しいですね笑

 

さて、本日は久々にエミール・ガレのエナメル彩をご紹介。

現在では被せガラスより人気の高いエナメル彩の作品ですね。

アザミとロレーヌ文がデザインされたガレらしい作品です。

 

エミール・ガレ 花瓶

 

商品ページはこちら → エミール・ガレ エナメル彩花瓶【西洋アンティーク11th Avenue】

 

09:24 | comments(0) | -

エミール・ガレの花瓶

本日からは非常に暑くなるとの予報。

明日は大江戸骨董市ですし、この暑さは営業妨害に等しいですね笑

 

さて、本日は久々にエミール・ガレのエナメル彩をご紹介。

現在では被せガラスより人気の高いエナメル彩の作品ですね。

アザミとロレーヌ文がデザインされたガレらしい作品です。

 

エミール・ガレ 花瓶

 

商品ページはこちら → エミール・ガレ エナメル彩花瓶【西洋アンティーク11th Avenue】

 

09:24 | comments(0) | -

オールドノリタケの花瓶

たまにはオールドノリタケのご紹介。

 

英国輸出向けに製造された金盛装飾に風景画の花瓶です。

ノリタケらしいデザインです。

 

明日から連休ですね!

当店は日曜日は大江戸骨董市、その他は通常通り営業しておりますので是非お越しくださいませ。

 

オールドノリタケ 花瓶

 

商品ページはこちら → オールドノリタケ 花瓶【西洋アンティーク11th Avenue】

09:51 | comments(0) | -