ブログタイトル
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンティークショップ11th Avenueへ

ハーナウから英国へ 純銀製ティーストレーナー

本日はティーストレーナーのご紹介。

 

ドイツのハーナウで製造され、イギリスに輸出されたお品です。

というよりはイギリス側からの注文で製造されたお品です。1900年前後はこのようなドイツの銀器が多くイギリスからの注文により製造され輸入されました。

ガーランドの美しいデザインです。

 

ティーストレーナー 

 

商品ページはこちら → ドイツ・ハーナウ 英国輸入純銀製ティーストレーナー【西洋アンティーク11th Avenue】

09:16 | comments(0) | -

1830年代,リッジウェイのサンドウィッチプレート

昨日は大江戸骨董市に多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

 

さて、本日はリッジウェイのサンドウィッチプレートのご紹介。

一昨日掲載したカップ&ソーサーと同じモデルです。

 

この時期のボーンチャイナは質があまりよくなく貫入が入ることも非常に多いですが、今回仕入れたリッジウェイは一切貫入がない上質なボーンチャイナです。

 

リッジウェイ

 

リッジウェイ サンドウィッチプレート【西洋アンティーク11th Avenue】

 

 

09:20 | comments(0) | -

1830年代、リッジウェイ(Ridgway)のカップ&ソーサー

英国磁器リッジウェイのご紹介。

 

今回は少し珍しいお品です。というよりは窯印が珍しいですね。

リッジウェイは日本でも人気の窯ですが、そのほとんどが窯印がありません。

ですが、こちらはきっちりとした窯印が使用されています(1830年〜1841年)。

ついでに窯印は19世紀末以降はカップとソーサーは同じ窯印が基本でカップとソーサーが違う窯印の場合は合わせ(ミスマッチ)を疑う必要があります。しかしこちらのカップ&ソーサーのように1800年代前半までの品物は窯印が入らないことも多く、またカップとソーサーで異なる窯印を使用、もしうは片方のみに窯印というのは通常のこと(よく合わせと間違われる方がいらっしゃいます)で、これは合わせではなくオリジナルの組み合わせとなります(もちろん合わせの場合もあります)。

 

デザインは典型的な1820年代〜1840年代に流行したデザイン。

貫入がないなど状態もよく、たまたまお安く入手できたのでオススメのお品です。

来週は同デザインのサンドウィッチプレートも掲載予定です。

 

リッジウェイ

 

商品ページはこちら → リッジウェイ 花文カップ&ソーサー【西洋アンティーク11th Avenue】

 

09:21 | comments(0) | -

アール・デコの花瓶

本日はアール・デコのお品をお紹介。

 

赤色の美しいガラスに、バラをモチーフにした錬鉄(アイアン)の台が付いたバスケット型の花瓶です。

小物入れやランプ等にもお使いいただけるお洒落なお品です。

 

アール・デコ 花瓶

 

商品ページはこちら → アール・デコ アイアンとガラスの花瓶【西洋アンティーク11th Avenue】

10:55 | comments(0) | -

フランス19世紀、ラオシュ(Lahoche)の磁器

本日はまたフランス磁器のご紹介。

 

ラオシュ(Lahoche)という19世紀の最高級リテイラーによって絵付けされ販売されたお品です。

ラオシュといっても恐らく聞いたことがあるという人はほとんどいないと思います。

ただ、エスカリエ・ド・クリスタル(Escalier de Cristal)といえばガラス工芸にお詳しい人なら美術館等で聞いたことがあるはずです。エスカリエ・ド・クリスタルは日本では特にジャポニスムの作品が有名で、ここで販売はされたお品の多くは美術館などに所蔵されています。例えばジャポニスムを代表するガラス工芸家ウジェーヌ・ルソーはもちろん、バカラやガレなどでもブロンズの台が付いたジャポニスムの花瓶などよく見かけると思いますが、あの手もこのエスカリエ・ド・クリスタルが得意とした商品です。銀器や陶磁器も取り扱い、フランス銀器の大御所エルネスト・カルディヤックがエミール・ガレのために台を制作して販売をしていたという話も聞いたことがあります(実物は見たことないですが)。

そしてそのエスカリエ・ド・クリスタルの運営していたのが、1840年前後から1867年まではラオシュというわけです。

 

こちらのシュガーポット&クリーマーはそのラオシュが抱えている絵付師によって絵付けされ、エスカリエ・ド・クリスタルで販売されたお品となります。絵付けは全て手彩、見事な出来栄えです。イギリスやドイツでも手彩でこれほどの出来は当時ではかなり少ないですね。

 

Lahoche シュガーポット&クリーマー

 

商品ページはこちら → ラオシュ(Lahoche) シュガーポット&クリーマー【西洋アンティーク11th Avenue】

08:15 | comments(0) | -