ブログタイトル
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンティークショップ11th Avenueへ

モーゼルのパウラ

久々の入荷です!モーゼルのパウラ。

 

ロブマイヤーを除けば現行品では私が一番好きなグラスです。

美しいエングレーヴィング装飾は見事ですね。

同じパウラでもアンティークの品物はもっとエングレーヴィングがうまいですが、それでも現代ではトップクラスのうまさです。

モーゼルは昨年帝国ホテルプラザに直営店を出しましたね。日本でも認知度が上がってくれると嬉しいですね!

 

モーゼル パウラ

 

商品ページはこちら → モーゼル パウラ グラス【西洋アンティーク11th Avenue】

13:44 | comments(0) | -

モーゼルのパウラ

久々の入荷です!モーゼルのパウラ。

 

ロブマイヤーを除けば現行品では私が一番好きなグラスです。

美しいエングレーヴィング装飾は見事ですね。

同じパウラでもアンティークの品物はもっとエングレーヴィングがうまいですが、それでも現代ではトップクラスのうまさです。

モーゼルは昨年帝国ホテルプラザに直営店を出しましたね。日本でも認知度が上がってくれると嬉しいですね!

 

モーゼル パウラ

 

商品ページはこちら → モーゼル パウラ グラス【西洋アンティーク11th Avenue】

13:44 | comments(0) | -

バラの冬剪定

寒い日が続きます。

当店ではバラを育てており、昨日から冬剪定と植え替えを行っております。

初めてだったのでわからないことだらけでしたが、順調に進んでおります。

ただ、1つ根の張りが悪いなと思っていたら癌腫を発見してしまいました…。お気に入りの品種だったので残念です。

そのまま育てるか悩みましたが、処分することにしました。

バラを育てるのはなかなか難しいですね。

 

日本ではイングリッシュローズが人気のようですが、当店はどちらかというとフレンチローズが好きで、フランス・ドイツの品種がほとんどです!イングリッシュローズはクレア・オースチンだけがあります。フランスはナエマ、オマージュ・ア・バルバラ、アンナプルナ、コンフィダンス、ニコロ・パガニーニ、グロワール・ドゥ・デュシェ、ドイツはパシュミナ、カインダブルー、フラウカールドルシュキを育てています。あとはティネケがあります。あと一種類フレンチローズが欲しいなと考えています。

冬剪定

 

一方、お店では切り花を飾っております。

 

バラ

 

フラワーアレンジメントを習っていないので雑です笑

アレンジメントはこれから習おうかと思っています。

13:03 | comments(0) | -

ボヘミア最有力工房ハラフの花瓶

本日は珍しい花瓶をご紹介。

 

ハラフ・ガラス工場というボヘミアで最も力のあった工房の作品です。

この工房の作品はサインが入らないのがほとんどのため、一般的には知られていませんが、世界中の美術館で所蔵されている非常に優れた工房です。

 

そのアール・ヌーヴォー期の花瓶です。

柔らかなデザインが見事なお品です。

 

また、今週からお店にてお花を飾ることにしました。

今週はこの花瓶に合わせてポピーを飾っております。

 

ハラフ 花瓶

商品ページはこちら → ハラフ 芥子文花瓶【西洋アンティーク11th Avenue】

 

ポピー

10:00 | comments(0) | -

英国18世紀末のシュガートング

本日はジョージアン銀器のご紹介。

 

1790年代のシュガートングです。

当時の独特のフォルムとブライトカット装飾が特徴的です。

 

シュガートング

 

商品ページはこちら → イギリスアンティーク シュガートング【西洋アンティーク11th Avenue】

10:32 | comments(0) | -