ブログタイトル
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンティークショップ11th Avenueへ

デンマーク、ハンス・ハンセン(Hans Hansen)のアイスティースプーン

本日はデンマークのヴィンテージ・シルバーをご紹介。

 

ハンス・ハンセンという現在ではジョージジェンセンに吸収されてしまったブランドです。

ヴィンテージのブランドとして人気は現在でも高いです。

 

そのハンス・ハンセンの「Amalie」というシリーズで、エナメルがハンドル全体に装飾されたハイセンスなお品です。

アイスティー用のも珍しく、これからの季節にぴったりです。

 

ハンス・ハンセン シルバー

 

商品ページはこちら → ハンス・ハンセン Amalie アイスティースプーン【西洋アンティーク11th Avenue】

09:16 | comments(0) | -

アイアン&ガラスの花籠

本日は少し珍しいお品をご紹介。

 

アイアンとガラスの花籠です。

アールデコの時代に流行ったアイアンですが、こちらは珍しい花籠型。デザインも葡萄をはじめとする果実があちこちにデザインされた素敵なお品です。時代はデコですが、デザインがヌーヴォー調なのが良いですね。

インナーのガラスも美しいブルーです。

大きさがあり、主役になれる花籠です。

 

アンティーク 花籠

 

商品ぺージはこちら → フランス アイアン&ガラスの花かご【西洋アンティーク11th Avenue】

09:39 | comments(0) | -

イタリアのシルバー製ポット

本日はイタリアのコーヒーポット&クリーマーをご紹介。

 

イタリアの金銀製品はアンティークはほとんど見かけず、出回っているのは大抵ヴィンテージ品ですね。

それは昔イタリアの税金が高かったためのようです(そのためジュエリーのモザイクなども金具は他国で付けられた)。

そしてこちらのポット&クリーマーもヴィンテージ品となります。

パット見た感じロココの装飾ですが、やはり独特な雰囲気でイギリスやフランスのものとは異なります。

可愛らしくて飾りとしてもオススメです。

 

イタリア コーヒーポット&クリーマー

 

商品ページはこちら → イタリア シルバー製コーヒーポット&クリーマー【西洋アンティーク11th Avenue】

13:52 | comments(0) | -

フランス1800年初頭のスプーン

本日はフランス銀器をご紹介。

 

1800年初頭のティースプーンです。

まだ鶏の刻印が使用されていた時期ですね。

ヴェルメイユの装飾が残されています。

 

フランス シルバースプーン

 

商品ぺージはこちら → 仏蘭西 1800年初頭シルバー製スプーン【西洋アンティーク11th Avenue】

11:09 | comments(0) | -

イギリスのギロッシュエナメルのブローチ

ゴールデンウィークも終わりですね!

どんな思い出が作れましたでしょうか?

 

さて、本日はイギリスのブローチをご紹介。

エナメルで美しく風景が描かれたお品です。時代は案外浅いですが、出来はなかなか良いお品です。

 

また、ブログのトップ画像を変更しました。

画像のバラは当店が育てたティネケがメインです!

 

イギリス エナメル ブローチ

 

商品ぺージはこちら → イギリス ギロッシュエナメル装飾ブローチ【西洋アンティーク11th Avenue】

08:54 | comments(0) | -